ダイハード4のあらすじと吹き替えの声優は?野沢那智さんVer.の地上波が!

2019年12月17日

7月1日の日テレで、『ダイハード4.0』が、野沢那智さんVer.の地上波で登場します。

フジテレビの放送では、樋浦勉さんが吹き替えをされたものが流れましたが、今回の『ダイハード4.0』の声優は、野沢那智さんVer.です。

『ダイハード4.0』の吹き替え版の他の声優と、あらすじなどを紹介します。

『ダイハード4.0』の俳優と声優

『ダイハード4.0』の俳優と声優を紹介します。

ジョン・マクレーン刑事

ブルース・ウィリス(野沢那智)

主人公です。

ニューヨーク市警の警察官。

前作まで別居状態だったホリーとは、ついに離婚しました。

娘のルーシーのことが、気が気でないようです。

ブルース・ウィリス氏は、1955年3月19日生まれの61歳。『ダイハード4.0』の時は、50歳超えたくらいでした。

身長183cm。バツイチで、初めは出美・ムーアと結婚して、今ではモデルの江間・ヘミングと結婚しています。

子供は、全部で4人。

出身は、西ドイツです。

他の有名作品は、

  • ハドソン・ホーク
  • ラスト・ボーイスカウト
  • 永遠に美しく
  • フィフスエレメント
  • アルマゲドン
  • エクスペンダブルズ

など、数多くの映画やドラマに出られています。

野沢那智さんは、声優界のレジェンドで、残念ながら2010年に亡くなられています。

映画では、アラン・ドロン、クリント・イーストウッド、アル・パチーノ、ダスティン・ホフマン、ロバート・デニーロ、ロバート・レッドフォードなどを吹き変えられています。

マシュー(マット)・ファレル

ジャスティン・ロング(川中子雅人)

天才的なハッカー青年。

知らないうちに、テロリストたちに協力してしまったため、口封じのために追われる羽目になります。

そこを助けるのが、マクレーン刑事。

ジャスティン・ロング氏は、1978年6月2日生まれの38歳。『ダイハード4.0』の頃は30歳くらい。

映画「そんな彼なら捨てちゃえば?」で、ドリュー・バリモアと交際を始めましたが、1年くらいで別れてしまいました。

ルーシー・ジェネロ(マクレーン)

メアリー・エリザベス・ウィンステッド(園崎未恵)

ジョン・マクレーン刑事の娘。

父親に対して反抗的で、顔も見たくない様です。

テロリストたちの罠にはまって、捕まってしまいます。

メアリー・エリザベス・ウィンステッドさんは、1984年11月28日生まれの31歳。このころは、20歳ちょっと。

ホラー映画『ファイナル・デッドコースター』や『デス・プルーフ in グラインドハウス』、『遊星からの物体X ファーストコンタクト』、『リンカーン/秘密の書』でのスクリーム・クイーンとして知られている女優です。

トーマス・ガブリエル

ティモシー・オリファント(東地宏樹)

テログループのリーダー。

元国防総省公共機関の保安担当チーフプログラマーで、FBI副局長のボウマンと同僚だった人です。

ウッドローンのSNA施設データベースの金融データを入手して、巨額の富を手に入れようとしています。

ティモシー・オリファント氏は、1968年5月20日生まれの48歳。このころは40歳くらい。

代表作は、2007年の『ヒットマン』とこの『ダイハード4.0』です。

マイ・リン

マギー・Q(坪井木の実)

ガブリエルの恋人。

カンフーなどに秀でています。

マギー・Qさんは、1979年5月22生まれの37歳。この時30歳くらい。

ハワイ出身のモデルですが、ジャッキー・チェンに教わって、スーパーモデル、女優、アクションスターとして、全世界で活躍されています。

一時期、日本にも住んでいらっしゃいました。

『レディ・ウェポン』『Mi3』『三国志』『恋するピンポン』などの映画に出られてますし、TVドラマの『ニキータ』では、4年間も主役をつとめられました。

『ニキータ』は、素晴らしい作品ですので、ぜひご覧になってみてください。

ランド

シリル・ラファエリ(前島貴志)

ガブリエルの部下。

マイ・リンと同レベルの体術を持っています。

シリル・ラファエリ氏は、1974年4月1日生まれの42歳。この時は、33歳くらい。

フランス出身のスタントコーディネーター。スタントマンでもありますし、俳優もされています。

松濤館流空手、武術太極拳、テコンドー、パルクールを使います。

出られた映画は、『キス・オブ・ザ・ドラゴン』『アルティメット』など。

エマーソン

エドアルド・コスタ

ガブリエルの部下。

左腕に「侍魂 誇り」、右腕に「男の心 戦い」のタトゥーがあります。

ボウマン

クリフ・カーティス(内田直哉)

FBI副局長で、テロリストのガブリエルのかつての同僚。

クリフ・カーティス氏は、1968年7月27日生まれの47歳。この時40歳くらい。

ニュージーランドの俳優です。

身長184cm。マオリ族出身です。

ワーロック

ケヴィン・スミス(坂東尚樹)

ボルチモア在住の天才ハッカー。

ファレルからは、「デジタル時代のジェダイ」と呼ばれています。

ケヴィン・スミス氏は、1970年8月2日生まれの45歳。この時は35歳くらいです。

ニュージャージー州出身で、映画監督、脚本家、編集技師でもあります。

殆ど、監督と脚本をしています。俳優は、『ダイハード4.0』と『スクリーム3』くらいです。

私生活も、ほとんどこの『ダイハード4.0』と同じようなおたくらしいです。

その他の声優さん

  • トレイ    佐藤淳
  • キャスパー  河相智哉
  • テイラー   野沢由香里
  • ラジ     櫻井章喜
  • モリーナ   中博史
  • ルッソ    世古陽丸
  • ジム     鳥海勝美
  • スクラビーノ 佐々木敏
  • クレイ    杉山大
  • サマー    木村雅史
  • エマソン   高瀬右光
  • ジョンソン  根本泰彦
  • バリー    巻島康一
  • リポーター  森夏姫

(敬称略)

『ダイハード4.0』のあらすじ

では、簡単にあらすじを見ていきましょう。

ヤフーTVガイドから引用します。

アメリカ独立記念日の前夜。FBIのサイバー犯罪部のシステムに、何者かが“侵入”した。FBIのボウマン(クリフ・カーティス)は、全米の著名なハッカーの身柄を確保することに。NY市警総合テロ対策班のジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)の元にも、ハッカーのマット・ファレル(ジャスティン・ロング)をFBI本部に連れてくるように本部から命令が下る。離れて暮らしている愛娘・ルーシー(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)との関係を修復しようと彼女の元を訪れていたマクレーンは、仕方なくマットの自宅へ。しかしそこに、マットの命を狙い謎の男たちが襲い掛かってくる。

マットを狙っていたのは、テロリストのガブリエル(ティモシー・オリファント)。恋人のマイ(マギー・Q)と共に全米のハッカーにテロ遂行のためのプログラムを開発させていたガブリエルは、証拠隠滅のためにハッカーを全員抹殺しようとしていた。そうと知らないマットを連れてFBI本部を目指すマクレーン。しかし、街では異常なほどの交通渋滞が発生していた。テレビでは怪情報が流れ、全米のライフラインが停止状態にあることを知ったマットは、テロリストがあらゆるインフラ設備を標的としたサイバー攻撃=“ファイアー・セール”を企んでいるとマクレーンに忠告。マクレーンはマットと共に、ガブリエルたちの行動の“先”を読みテロを食い止めようとするが…!果たして、マクレーンは彼らの暴走を止めることができるのか!?

(出展:ヤフーガイド)

かなり、ぶっ飛んでるストーリーですが、あり得る話ですよね。

最近でも、アメリカのハッカー少年の話が話題になりましたし、実際に、アメリカのある企業にサイバー攻撃も仕掛けられました。

やっぱり、そういう時には、マクレーン刑事の様なアナログな対策も大事かも知れません。

まとめます。

2010年に、地上波初めて登場した『ダイハード4.0』ですが、その時は、野沢那智さんの吹き替えでなかったので、多くの方がクレームを出したと言う話がありました。

今回は、そんなことはなく、ゆっくりと楽しめると思います。

ただ、DVD版の吹き替え版を樋浦勉さんが、いつもされていたようなので、いつもDVD版を見ている人には、違和感があるかもしれませんので、気を付けてください。

ちなみに、ブルース・ウィリス氏よりも、野沢那智さんの方が、ブルース・ウィリスっぽいと評判でした。

「こぉぉぉーーんちきしょーーーーー」て叫ぶみたいなところですね。

本家の方は、ちょっと疲れてしまったのかもしれません。

なので、楽しみですね。

ちなみに、原題は、「LIVE FREE OR DIE HARD」。

この元ネタは、アメリカの独立戦争の時です。200年くらい前ですね。

この戦争の時の、ニュー・ハンプシャー州出身のジョン・スターク将軍の言葉、「LIVE FREE OR DIE(自由に生きるかさもなくば死ぬか)」から来ています。

この言葉は、アメリカ人なら誰でもが知っている名言です。

「人民の、人民による、人民のための政治」

位に有名なセリフです。

この言葉と「DIE HARD」を掛けたんですね。

でも、日本人にはわからないので、「ダイハード4」。

そして、サイバーテロっぽく、「.0」を付けたわけです。

「DIE HARD」は、粘り強い、中々消えない、執着すると言った意味で、マクラーレン刑事にはピッタリなタイトルです。

以上、『ダイハード4.0』の声優、あらすじについての記事でした。

他にも、映画についての記事がありますので、ぜひご覧ください。

https://phantomww3.jp/hirosesuzu-2-2670

https://phantomww3.jp/beimakkusu-9122

https://phantomww3.jp/angels-and-demons-6509

洋画

Posted by とし