鉄拳の「振り子」のあらすじ(ネタバレ)!感動の映画のキャストは?

邦画

鉄拳の「振り子」のあらすじ(ネタバレ)を紹介します。世界中で感動されて、映画化もされています。映画『振り子』のキャストや脚本、監督などをまとめました。

鉄拳の「振り子」のあらすじ

カンタンに、あらすじを書きます。

主人公は、大介とサキ。

高校生の時。サキが不良にからまれている所に大介が通りかかり、助けてあげます。一目惚れしたサキは、猛烈アタックするんです。そして、なんとか、付き合うことに成功して、高校卒業後、一緒に暮らすことになりました。ただ、お金がなくて結婚式を挙げる事が出来なかったので、ふたりで一生懸命働いてお金をためました。

しかし、たまったお金を、サキは着たかったウェディングドレスを我慢して、「気にしなくてイイよ」と、大介の念願のバイク屋を開業します。

ふたりに子供も生まれて、順風満帆に見えるましたが、次第に歯車が狂ってきます・・・

この後は、ネタバレなので、この記事の最後にのせておきます。

映画のキャストは?

この映画の主なキャストは、

  • 長谷川大介   中村獅童さん  (学生時代は、石田卓也さん)
  • 長谷川サキ   小西真奈美さん (学生時代は、清水富美加さん)
  • 長谷川心晴   松井珠理奈さん  (大介とサキの娘)
  • サキの父    板尾創路さん

他にも、多くの大物俳優の方々が出られている。

  • 武田鉄矢さん
  • 研ナオコさん
  • 小松政夫さん
  • 山本耕史さん
  • 武井壮さん
  • ダイアモンドユカイさん
  • 齊藤ジョニーさん
  • 鈴木亮平さん
  • 笛木優子さん
  • 中尾明慶さん
  • 鉄拳さん

など。ほんの一瞬しか出ていない人がいるんで、気を付けてくださいね。

監督、脚本は、竹永典弘さん。TBSの社員で、金スマのチーフディレクターです。2015年春に公開されていますので、レンタルショップでも手軽にかれれますので、ご覧になられてはどうでしょうか。

この映画の評価は、

  • 初日観客満足度   91.9点
  • ヤフー映画レビューランキング 第一位
  • 沖縄国際映画祭で、主演男優賞、主演女優賞のダブル受賞

ただ、製作費が少なかったみたいで、全国で38館しか、かからなかったようです。メディアでも、そんなには宣伝していなかったような気がします。というか、この映画の事は知らなかったって言う人が多かったんじゃないでしょうか。^^

映画『振り子』を見れるのは?

映画『振り子』を見れるのは、今のところAmazonプライムだけでした(2020.8)。

Amazonプライムは、

  • 月額プラン 500円(税込)
  • 年間プラン 4,900円(税込)
  • HP Amazonプライム

です。総配信本数が1.4万本で、他と比べると少ないですが、配送費などの他のサービスを絡められるので、通販を利用してる方にとってはとてもお得なサービスになります。

後編あらすじ(ネタバレ)

あらすじの前に、鉄拳さんのパラパラ漫画の公認PVを載せておきます。これ、マジに泣いてしまうから・・・気を付けてください。できれば、暗くして、人が入ってこない状態を作って観た方が良いかもしれません。

どうでしょうか?

映画とは、BGMが違うけれどもイイですよね。fumikaさんという方が歌っています。

後半のあらすじ

では、後半のあらすじです。

次第に、仕事がうまくいかなくなり、大介は自暴自棄になって、お酒とオンナにおぼれてしまいます。サキは、そんな中でも、マフラーを編んで大介をささえようとしているが・・・ある日、病気で倒れてしまいます。サキが倒れたことで、我に戻った大介は、ウェディングドレスを着せてあげられなかったことを思い出します。後悔した大介は、せめてウェディングベールを着けてあげようと、サキにもらったマフラーを巻ながら、アルバイトで昼も夜も一生けんめいになって働きました。

やっとの思いでお金を手にした大介。ウェディングベールを買って、サキの笑顔を想像しながら、家に帰る途中、大介は、事故に遭って帰らぬ人になってしまいます。

それでも、大介は天国からサキのそばで見守ることに。さらに時が流れて、サキも老けていき、寿命がなくなっていきます。すると、大介は必死に、時の流れを止めようと時計の振り子を止めようとします。必死になって止めている大介に、「もう頑張らなくてイイよ」と、サキは大介の背中から優しく声をかけて、天寿を全うしました。大介とサキは、二人で、うれしそうに天国に登って行きます。登って行く途中で、憧れだったウェディングドレスとタキシードに二人は身を包みます。幸せそうな笑顔で、二人は・・・

まとめます。

鉄拳さんって、天才ですね。この絵と、間のとり方と、音楽が良いんです。世界中の人が泣くのもうなずけます。世界で300万人以上もの人が見て、涙しています。

鉄拳さんが言いたかったことは、「大事なのは、今を生きる事」と言うことではないでしょうか。人のせいにするんじゃなくて、全て自分のせいだと思って、相手に感謝する事が大事なような気がします。大介の仕事がダメになったのも、大介のせいです。その事実から逃げて真正面から向かい合わないと、何も解決にはならないと思います。水戸黄門の歌ではないですが、歩いて行かないと目的地には絶対にたどり着かないんです。真正面から向き合わないってことは、途中で休んでいること十無いじゃないでしょうか。そして、そのままでいると、大介のように、大切な時間が奪われていくだけのような気がします。自分の人生なんだから、120%生き抜く事。それが大切だと思いました。

この映画や動画を観て、いろいろ思ったと思いますが、その気持ちを忘れないでいてもらいたいと思います。忘れそうになったら、上に載せてある鉄拳さんの動画をもう一度見てみることをお勧めします。

それでも忘れてしまいそうなときは、ぜひやってもらいたいことがあります。愛する人に、「あなたを一生大事にします」と宣言してください。きっと、忘れることはできなくなります。おそらく、相手もわすれないでしょう。照れ臭かったら、すこしお酒が入った時にでも言ってみてください。不思議なことですが、たったの15文字で人生を変えることができるはずです。

以上、鉄拳の「振り子」が感動の映画になった記事でした。

邦画

Posted by とし