森崎ウィンのドラマや映画の一覧。無料で見れる動画配信サイトを紹介します。

あのスピルバーグ監督に、「日本で1番」と大絶賛されて、ハリウッドデビューした森崎ウィンさんの出演してるドラマや映画の一覧を紹介します。

スポンサーリンク

U-NEXT

森崎ウィンさん出演作

森崎ウィンさんの出演されてるドラマは、

  • 東京少女桜庭ななみ(2008寝)
  • 学校じゃ教えられない!(2008年)
  • ごくせん卒業SP(2009年)
  • 仮面ライダーW(2009年)
  • ゴーストママ捜査線(2012年)
  • 天の方舟(2012年)
  • 名もなき毒(2013年)
  • ペテロの葬列(2014年)
  • 東京女子図鑑(2016年)
  • ミス・シャーロック(2018年)
  • ハゲタカ第7話、最終話(2018年)
  • 本気のしるし(2019年)

映画は、

  • ごくせん THE MOVIE(2009年)
  • パレード(2010年)
  • 書道ガールズ(2010年)
  • 怪談レストラン(2010年)
  • 天国からのエール(2011年)
  • 闇金ウシジマくん(2012年)
  • シェリー(2014年)
  • 鬼談百景(2016年)
  • マイ・カントリー マイ・ホーム(2018年)
  • レディ・プレイヤー1(2018年)
  • クジラの島の忘れもの(2018年)
  • 母さんがどんなに僕を嫌いでも(2018年)
  • 蜜蜂と遠雷(2019年)マサル役

この他にも、舞台やCMなど数多くの作品に出られています。

森崎ウィンを見れる動画配信サイトは?

森崎ウィンさんを見れる動画配信サイトは、

  • U-NEXT
  • dTV
  • Hulu

U-NEXTで見れる森崎ウィン

U-NEXTで見れる森崎ウィンさんの映画やドラマは、

  • 鬼談百景
  • 天国からのエール
  • レディ・プレイヤー1(440円)
  • クジラの島の忘れ物
  • 母さんがどんなに僕を嫌いでも(550円)
  • 天の方舟(ドラマ)

(この記事は、2020.7時点の情報です。 現在は配信終了している場合もありますので、くわしくは、U-NEXTにてご確認ください。)

どれも主役ではないですが、重要な役ものです。U-NEXTは、月額会費がかかりますが、31日間無料キャンペーンと、入会するとすぐに600ポイント萌らえますので、全て無料で見ることができます。申し込み方法は、森崎ウィンさんの経歴のあとに書いていきます。

dTVで見れる森崎ウィン

dTVで見れる森崎ウィンさんの映画は、

  • レディ・プレイヤー1(440円)
  • 母さんがどんなに僕を嫌いでも(550円)

(この記事は、2020.7時点の情報です。 現在は配信終了している場合もありますので、くわしくは、dTVにてご確認ください。)

dTVは、月額会費が550円(税込)で見放題作品と個別課金作品を見れる動画配信サイトです。月額は一番安いですが、映画の配信本数がすくないので映画ファンには物足りなさを感じるかもしれません。

.dTVに行く!

dTV

Huluで見れる森崎ウィン

Huluで見れる森崎ウィンさんの映画やドラマは、

  • クジラの島の忘れもの
  • 名もなき毒
  • 学校じゃ教えられない
  • 書道ガールズ
  • 天の方舟
  • ミス・シャーロック第1話

Huluは月額933円(税抜)で見れる動画配信サイトで、特徴は個別課金がないことです。日テレの動画をたくさん配信していますが、映画は数が少なく新作もありません。

.HUluに行く!

hulu

その他の動画配信サイト

上にあげた動画配信サイト以外では、

  • FOD なし
  • Paravi クジラの島の忘れもの、学校じゃ教えられない、名もなき毒
  • アマゾン 天の方舟、書道ガールズ
  • アマゾン(課金)レディプレイヤー1、母さんがどんなに僕を嫌いでも

でした。

森崎ウィンさんの経歴

森崎ウィンさんは、

  • 1990年生まれの27歳
  • ミャンマー出身
  • PrizmaXのメンバー

森崎ウィンさんはミャンマーで生まれて、小学校4年生のときに日本に来られました。そして、中2のときにスカウトされて芸能界にはいられました。

2014年ころにスピルバーグ監督の「レディ・プレイヤー1」のオーディションをうけられて、2016年に出演が決まってイギリスで撮影されました。

選ばれた理由は、英語が美しかったからだということです。映画公開で、これからブレイクしていく俳優です。

.森崎ウィンをみる!

U-NEXT

以上、森崎ウィンさんの出演するドラマや映画を無料で見る方法でした。

 

Posted by とし